サイズのお直し

美味しそうな食材

結婚はタイミングがとても大事です。
「相手の事を大切にしたい」、「この人と一緒に居たい」と思ったら、まさにプロポーズのチャンス。
お互いを大切にできると確かめ合ったら、その証に婚約指輪を贈りましょう。
婚約指輪として定番なのは、やはりダイアモンド。
結婚指輪は「常時、身に着けるもの」であるため、あまり大きな装飾をつけない方が良いとされますが、愛を形にする婚約指輪は、個性を出したものにすると、とても見栄えがして良いと思います。
永遠の象徴を最も輝く、最も固い石にこめて、一番の笑顔でパートナーに送りましょう。
結婚指輪は、これからの人生の道のりを共に進む証となります。
いつでも相手の事を想っている、その誓いのために、金やプラチナを選ぶのが良いです。

ここでは、ダイアモンド指輪を購入するための豆知識を、ちょっとだけお伝えします。
まず呼び名ですが「ダイヤモンド」ではなく「ダイアモンド(Diamond)」です。
ショップでは店員はあなたの全てを見ています。
知っている人には、それにふさわしいものを勧めるのが宝石業界です。
正しい知識は、まず正しい名前から始めましょう。
ダイアモンドを選ぶには、4Cという基準がありますが、一流のショップの場合は相場にあった金額がつけられています。
4Cの確認は必要ですが、基本的に「掘り出し物」は無いと思うと良いです。
大事な事は石の価値よりも相手の気持ちであることを忘れず、装飾性や雰囲気、何よりもインスピレーションを大事に考えると後悔することが少なくなります。
一生に一度の大切な思い出を、ぜひ最高の輝きで彩りましょう。